手続きは誰にでも簡単にできます!個人事業主になろう!

  • -

手続きは誰にでも簡単にできます!個人事業主になろう!

資本金0円でも起業ができる時代!

「自分の好きなことを仕事にしたい」と思ったり「会社で培ったノウハウで独立したい」などと考える人は多いのではないでしょうか。副業で成功した人が副業を自営業として個人事業主になることも増えています。いまは「0円起業」といって資本金がなくても企業をすることが可能です。ただし、その場合は銀行からの融資は難しくなりますが。しかし、個人事業を始めたいという夢をもっている人は多くいることでしょう。今回はその基本的な方法をご紹介します。

個人事業を開業するのは簡単!

個人事業を開始する場合には、税務署に簡単な書類の提出が必要になります。登録費用はかかりません。提出する書類は開業する業種によって異なりますが、基本的には「個人事業の開廃業等届出書」「青色申告承認申請申請書」「個人事業開始申告書」の3種類です。開業方法や帳簿記録方法などによってその他に必要になってくる書類もありますので、開業前に1度税務署に相談に行って、必要書類や記入方法について相談に行くとよいでしょう。

メリットもあればデメリットもあり

個人事業を始めることのメリットは設立費用がかからず簡単に開業することができることです。申告書類も簡単で、開業後には1年に1度、確定申告をする必要はありますが、法人に比べて簡単な申告書で済みます。また、従業員が5人未満の場合は社会保険に加入する義務はありませんから、事業主の負担も軽くすみます。デメリットは税金対策や国民健康保険や国民年金などの手続きを自分で行わなくてはならないことです。事業が成功しなかった場合の損失もすべて自分にかかってきます。そして自分のモチベーションをどこまで維持することができるかが重要になります。

フランチャイズは既存のサービスを経営することができるので、知名度があり、軌道に乗りやすいというメリットがあります。