これでトイレの詰まり解消!ラバーカップの正しい使い方

  • -

これでトイレの詰まり解消!ラバーカップの正しい使い方

ラバーカップはトイレの種類で形状が違う

トイレが詰まった際、私たちが個人で取れる最終的な対策の一つがラバーカップを使用する方法です。ラバーカップは通称スッポンなどとも言われますが、ホームセンターなどに行って見てみると形状が大きく分けて二つあることに気付きます。一つは吸盤部分が平たい物、もう一つは吸盤部分が少し閉じて突起として張り出しているものです。これらの違いは、使用する便器が和式か洋式かによります。前者が和式用で後者が洋式用のラバーカップになるので、便器の形状に適合しない方を購入しないようにしましょう。

ラバーカップは水中使用が前提

ラバーカップは真空状態を利用してトイレ詰まりを取り除く道具ですので、便器に水が張っていない状況では効果を発揮しません。従って、最初に水を流して便器を水で満たしてから使用するようにしましょう。詰まりがひどく、水を流すとあふれ出してしまうという場合はバケツなどに水を入れ、それを便器に汲むようにすると良いでしょう。また便器に水を張ってジャブジャブするので、汚水の跳ねが気になるという人もいるかもしれません。その場合は便器の表面にビニールを張り、その中央に穴を空けてラバーカップを通すようにすれば、多少跳ねても気にならなくなります。

詰まりは引き込んで取る!

便器は複雑な構造を持っているために中の状況がわかりにくく、ラバーカップを使用してどのように詰まりを取り除くのかイメージしにくいという人も多いことでしょう。実際にラバーカップを使用する際、水を押し込むようにして詰まりを取り除くのか、引き込んで詰まりを取り除くのか、どちらが正解なのでしょう。答えは、水を引き込むように詰まりを取り出すのが正解です。トイレットペーパーや便が水流によって押し込められて詰まっているわけですので、引き込めばその詰まり具合が解消されて水が通るようになります。逆に押し込むと、詰まりに更に圧力がかけられてよりひどい状態に陥ってしまうことになりかねないので、絶対にやらないように心がけましょう。

水漏れがおこる場所として一般的なのはトイレとキッチンです。毎日使う場所なので早く修理する必要があります。