時代錯誤の古い看板もあれば最新型の看板もある

  • -

時代錯誤の古い看板もあれば最新型の看板もある

町の風景に馴染んだ看板

その時代の風景は写真に残すことが出来ます。大正時代の呉服屋の写真には時代さながらの看板が写っており、看板が写っていなければ呉服屋だと誰も気がつきません。町の風景画を描くにしてもショップの看板を描くことで絵となり風景となります。看板がいかに自然なもので私たちの暮らしと密接にあるものだと知ることで看板の必要性も分かってくるのではないでしょうか。看板は古い時代からありその目的は今も同じ、集客するために作られているのです。

お店のアピールを目的とした看板作り

集客力アップという言葉は商売では聞きなれたフレーズです。集客力を上げるならまずは看板の設置です。魅力的な看板を設置出来れば、自然と集客効果が出てきます。面白い映画を作れば必ず映画館が繁盛します。夏のプールは人でごった返しますがそれはプールが楽しいからです。人が集まるお店は楽しいお店なはずです。楽しくも何ともないお店では絶対に人は来ません。美味しいお店、安いお店などお店のアピールを目的にして看板製作を考えましょう。

何処の誰に見せる看板なのか

何と言っても看板はお店の顔、お客はお店に入る前に看板を見るはずです。看板を見ただけでどんなお店か分かるような看板を作るように心がけましょう。畑の真ん中にあるとんでもなく大きな看板は新幹線などの電車から見る看板です。車を運転するドライバーには標識のような瞬時に分かる色や文字を使った看板が見やすいでしょう。ビルの屋上にある看板は遠く離れた場所から良く目立つ看板で、看板を設置する場所に合わせて看板のデザインや大きさ、位置など決めることが集客効果を狙う看板作りと言えるでしょう。

看板といえばお店の店先にあるものなどをイメージしますが、道路などにある標識も、これに当てはまります。